ハマーってます

アクセスカウンタ

zoom RSS 陽 信孝先生講演会「優しさの心って何?」

<<   作成日時 : 2011/05/11 18:49   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

看護週間記念行事として開催された陽(みなみ)信孝先生の講演会を聴いてきました。
主催はYIC看護福祉専門学校、後援:山口県看護協会

テーマは「優しさの心って何」〜朝顔や つるべとられて もらい水〜
話された内容は若年性アルツハイマーの故・八重子夫人と家族のことを記した著書「八重子のハミング」をベースに自らの言葉で語られました。

画像



入場前にレジュメの小冊子も頂きましたが、結局は使うことはありませんでした。
やはり型にはまらない陽先生らしいです(笑)
画像


既に講演会活動も1300回を越えたとのことです。
今回の講演は今から看護師・介護士になる方たちを対象としています。
YIC看護福祉専門学校の生徒さん、誠英高校の生徒さん達でほぼ満席状態。

画像


講演会が始まる前に陽先生と少し話をしましたが、孫娘さんがYIC看護福祉専門学校に在籍中で今日も聴講に来ているとのことで「やりにくいなぁ・・・・」と照れておられました。

この孫娘さんも八重子さんの介護に協力してくれていて、家族なんで介護することは当たり前だから孫に対して『「ありがとう」と言ったことはなかった。でもとても感謝している』と言われたときに、思わず声を詰まらせる場面もあり、聴いている方ももらい涙です。

途中でテレビ番組の「アンビリーバボー」での再現ドラマの録画も映し出されました。
午後1時半に始まった講演は午後4時少し前に終了。
予定より少し延びた
約2時間半があっという間でした。

講演の最後に「宣伝ですが、佐々部清監督により「雲流る」をベースにタイトルは「八重子のハミング」として映画化が進んでいる、但し莫大な費用がかかるのでいつになるかわからないけど、公開されたら是非ご覧ください。」とのことでした。

もうひとつの自費出版著書「雲流る」の販売も行われていましたので買わせていただきました。
既に12版、16000部を数えていますが自費出版としては異例の版数だそうです。
画像


帰るときにサインも頂きました。
画像


講演の内容は書ききれませんが、まだ未読の方がいらっしゃれば「八重子のハミング」「雲流る」を是非、ご一読ください。


余談ですが・・・・・
結局は午後の仕事は休みにしました^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陽 信孝先生講演会「優しさの心って何?」 ハマーってます/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる